ホーム > 丸高蔵について

味噌造り百年、歳季(とき)を刻む丸高蔵

信州諏訪にある丸高蔵の内装写真

丸高蔵は、大正時代に木曽の藪原から移築した100年の時を超える建物です。従来事務所として使っていましたが、2007年4月に店舗として改装オープンしました。どっしりと力強い梁、吹き抜けの天井。蔵の中は、スローフード、スローライフの趣き。
みそ茶屋「千の水」や、味噌等の店舗スペースでお楽しみ頂けたらと思っています。諏訪へお出かけの際はぜひお立ち寄り下さい。

内部はがっしりとした本棟造り
丸高蔵の天井や内部はがっしりとした本棟造り


味噌蔵・工場写真

味噌蔵・工場

丸高は、大正5年創業の味噌蔵です。
当時、清酒真澄を醸造していた十九代伊兵衞の健康に良いお味噌を醸造するようにとの命により、この地にて、お味噌の醸造を始めました。

味噌蔵・工場について

丸高蔵の味噌などの店舗スペース

味噌や漬け物などの店舗販売

信州諏訪の地が育て、丹精込めた味噌で作る丸高蔵自慢の商品を取り揃えております。普段使いからご贈答のお味噌や味噌漬けのお漬物、味噌煎餅など味噌由来の商品はもちろん、諏訪の醤油や素材の旨みを引き出す調味料、全国的に有名な地酒「真澄」、「夢殿」、地元のお米、更に店長が全国から選りすぐったこだわりの商品も販売しています。

丸高蔵の店舗ショップについて

みそ茶屋・食事処「千の水」の写真

みそ茶屋「千の水」

みそ茶屋「千の水」では信州諏訪の地が醸す「お味噌」や「清酒」をご賞味ください。
お食事は丸高蔵のお味噌を使用した、みそ焼にぎり定食「焼おにぎり膳」と、信州諏訪の野菜をふんだんに使用した「豚汁膳」をご用意しております。

みそ茶屋・食事処「千の水」について

諏訪の四季

豊かな自然に囲まれた諏訪では、季節によって様々な景色をお楽しみいただけます。

高島城の桜
高島城の桜
諏訪の紅葉樹
諏訪の紅葉樹

丸高蔵の3つの建物は
登録有形文化財に指定されています

丸高蔵の店舗と、併設している味噌蔵の吉沢蔵、鰍沢蔵は、それぞれが大正時代に移築した歴史の風格を感じさせる建物です。2011年に、登録有形文化財に指定されました。

つらなる吉沢蔵と鰍沢蔵

丸高蔵(店舗)

大正7年に、木曽の藪原にあった本棟造りの民家を移築した建物です。

吉沢蔵

吉沢蔵きっさわぐら(本蔵)

大正4年に、山梨県の吉沢にあった紡績工場を移築した木造2階建の建物です。

鰍沢蔵

鰍沢蔵かじかざわぐら

大正4年に、山梨県の鰍沢にあった酒蔵を移築した土蔵作りの建物です。